お問い合わせ HOME

P3 SESSION After Party 東日本大震災復興チャリティーイベント One Love Japan in Kanazawa 2011年5月1日 @ 金沢・片町「After  Hours」

GOKIGEN SOUND
GOKIGEN SOUND

1995年INFINITY16(横浜出身、全国を代表し今や世界に誇るSOUND)と出会い、REGGAEに目覚め歌い始める。
さらに、"湘南乃風"のオリジナルメンバーのひとり。
湘南茅ヶ崎のクラブ"TING A LING"で、HAN-KUN, SHOCKEYE, REDRICE(現湘南乃風メンバー), MOOMIN, NANJAMAN, BAMIUDA等現在のレゲエシーンを代表するアーティスト達と一緒に活発にLIVEをこなす。
2000年、当時茅ヶ崎で働いていた若旦那と意気投合しGOKI(GOKIGEN SOUND当時の名前), HAN-KUN, SHOCK EYE, RED RICE, 若旦那の五人で"湘南乃風"を結成。
2001年夏、五人で手に入れたオンボロバンに乗り込み、"全国TOUR"を決行、全国のREGGAEファンから注目を浴びる。
しかし、より自分自身を強烈に表現したかったGOKIは、あえてソロアーティストとしての道を選び、さらなるオリジナリティを磨くため湘南乃風を脱退、更にSKILL UPのため単身JAMAICAに旅立つ。そして約1年半のJAMAICA滞在を経て2004年に帰国。
日本各地のREGGAE EVENTに多数出演、会場を湧かし、大きな話題になる。
その後、雑誌やRADIO, TVなどにも登場しGOKIという歌い手が日に日にクローズアップされ、NEXT TUNES, Di VIBES 2005, HOME GROWN, MIGHTY CROWN, REGGAE CRUISINGなど多数のコンピレーションCDに参加。
2006年7月に自身の1st Album ''ごきげん''をRELEASEする。
そして、2007年にはINFINITY16 PRODUCEで''つぼみ''、''ごきげんサンバ''、''HAPPY CHRISTMAS''などをRELEASEしBIG HITを生み出す。2008年もINFINITY16作品へWELCOMEZアーティストとして参加、名曲「線香花火」や「DreamBiliver~星に願いを」で歌唱を披露。
2009年12月から心機一転、GOKIからGOKIGEN SOUND(ゴキゲンサンと呼ぶ)と改名し活動をスタート。
確実にSTEP UPし続けるGOKIGEN SOUND、この先要CHECKなARTISTになる事間違いなし!!

DJ KEIN
DJ KEIN

東京を中心に全国のイベントに多数出演中。
1995年より数々のビッグダンスやCLUB PLAYを精力的に行っていたREGGAE SOUND CREWのSELECTOR&MCを経て2008年8月より新たな名前「DJ KEIN」としてソロでの活動を開始。
REGGAE初心者からコアなファンまでを網羅するREGGAEセンス、SWEET TUNEからDANCE TUNEまで幅広い選曲とピースでポジティブ、時にハードな独特のMCスタイルから放たれるバイブスで、パーティーピ-プルの心と体を踊らせる。
世界観がちりばめられたMIXCD『BLING BLING MIX』(ブリブリミックス) シリーズは心地よいスムーズなミックスを体感できる作品となっている。
2007年より幕を開けたイベント、毎月第3木曜日の東京・青山FAIで開催されている「FLASH」を拠点に不定期開催の野外ダンス『YAH GUIDANCE』やサーフ、スノー系イベント等々、ボーダーを超えて様々な人々を取込む彼のレゲエスタイルは日々広がり、前進を見せている。

KAI-SHiNE
KAI-SHiNE

2002年に湘南発のバンド"THC!!"を結成。Voとして活動し、大半の作詞、作曲をつとめる。
その後THC!!は2005年に BMG JAPANよりメジャーデビュー。
デビューシングルである【雪】は10万枚を超えるセールスを記録し、現在でも冬の定番曲として愛されている。
Nintendo Dsのソフト「大合奏!バンドブラザーズ」のCM曲及びCM出演の他、2004年12月に東京ドームで行われた「X-TRAIL JAM」出演、任天堂ゲームキューブ「1080° SILVER STORM」のCM曲として「Yeah Oh!!」が使われたりなど、スノーボードやサーフ系ともしっかりリンクしていて、スノーボードDVD 「Red Eye's Film」シリーズやサーフDVD「SAIKOH!!」シリーズのなどにも楽曲が使用されその辺りのシンパも多い。
Rock in Japan、SUMMERSONIC、RISING SUNなど各地の大型フェスにも出演。唯一無二のライブパフォーマンスとして定評が集まり、全国ワンマンツアーも決行。
2007年に入り鈴木亜美のjoinシリーズに参加。"鈴木亜美 Join THC!!"としてシングルリリースするなど、他に類を見ない活動を続けた後、2008年活動停止。
また、和太鼓打ちとしても、所属していた東京の一門を高校卒業とともに離脱した後、邦楽器の価値観を追求。
2004年には和太鼓TRANCEユニット"Ryo-Ma"の和太鼓担当として、師匠である太鼓奏者Ajoと共に、TRFのダンサーSAMプロデュースのプロジェクト「Zento」でavexよりCDリリース。現在も日本各地でライブを行う。
個人としては、Singo2のライブ参加、Mihimaru GTなどのレコーディング及びライブ客演、湘南乃風レコーディングや2007~2008にかけての大阪城ホール"湘南乃風 カウントダウン伝説"にも出演など、邪道な和太鼓打ちの道を歩む。
そしてKAI a.k.a THC!!としては、CLUB EVENTやLIVE系イベント、大会や展示会などでのMC&DJ、ドラムセッション、イベント"GUEST HOUSE"における生ドラム×DJでのセッション参加。ユニット"CRAFT"、"LOUD 69 PUNX"などへヴォーカルフィーチャリング参加、湘南乃風へのトラック提供、邦楽器のみで構成される和-POPユニット"Ash Roty"、BAND"NITRO BOX"などのサウンドプロデュース、 映画"銀座警察"出演 、横浜ベイホールで年2回開催されているイベント"SAIKOH!!"をはじめとするイベントプロデュースなどを経て、2009年、地元神奈川発エンターテインメントの総合プロデュース事業を目指し、(株)SKYPEER CREATIONS(スカイピアクリエィションズ)を設立。
様々な表現の模索と音楽熱は止まる事を知らない…

レポートページへ戻る